1丁目1番地

全国の1丁目1番地を探して

1丁目1番地#127 大阪市中央区城見

(2018年訪問)

大阪城の北東にある高層ビル群、大阪ビジネスパーク(OBP)。テレビなどで時々大阪のイメージ映像として高層ビルに囲まれた大阪城の風景を見ることがありますが、その高層ビル群がOBPです。歴史的な天守閣と現代的な高層ビルのコントラストが美しく、歴史ある大都会大阪を象徴するようで個人的に好きな風景の一つです。

さてそんなOBPがあるのが大阪市中央区城見です。かつては弁天島と呼ばれ大阪砲兵工廠という軍事的な拠点があったそうですが、GHQによる接収を経て、再開発によって高層ビル群が建設されました。

 

f:id:harumibashi:20200811074439j:plain

城見一丁目1番にはビルではなく大阪市建設局弁天抽水所があります。城見はかつて弁天島と呼ばれたように川に挟まれており、ちょうど城見一丁目1番の西側で寝屋川と第二寝屋川が合流しています。浸水対策として天王寺と弁天の間に雨水を排水するための下水道幹線が整備されており、そこに流れ込んだ雨水を汲み上げて川に放流するポンプ場がこの弁天抽水所なのだそうです。

ちなみに一時期このあたりは弁天町という町名だったそうですが、同じ大阪市内の港区に大阪環状線の駅名にもなっている弁天町があったため、こちらは城見に改称されたそうです。この弁天抽水所はその頃の名前が残っています。

 

f:id:harumibashi:20200810171950j:plain

城見1南交差点から大阪城を望みます。城見という町名だけあって、きれいに大阪城が見えます。奥に写っているのは第二寝屋川に架かる新鴫野橋です。

 

f:id:harumibashi:20200811075330j:plain

 城見1南交差点から新鴫野橋を渡って振り返るとこんな感じ。左下のオレンジ色の施設が弁天抽水所で、1番上の写真と見比べるとビル群の大きさがわかります。

1丁目1番地#126 大阪市天王寺区生玉前町

六万体町の北にあるのが生玉前町(いくたままえまち)です。

近くには生玉町(いくたまちょう)や生玉寺町(いくたまてらまち)もありますが、これらの町名は生国魂神社が由来となっています。

 

f:id:harumibashi:20200721164626j:plain

生玉前町1番は谷町筋千日前通が交わる谷町9交差点の角にあり、地下鉄谷町九丁目駅の出入口も街区内にあります。

1丁目1番地#125 大阪市天王寺区六万体町

(2017年訪問)

大阪の南の玄関口・天王寺駅で有名な天王寺区。区内の大部分は上町台地上にあり、寺院や学校が多い文教地域です。

天王寺区六万体町(ろくまんたいちょう)は地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅の東側、谷町筋に沿った細長い地域です。不思議な地名ですが、聖徳太子がこのあたりに六万体の地蔵を安置したという俗伝が由来だそうです。さすが長い歴史を持つ大阪、地名の由来に聖徳太子まで出てくるのがすごいところです。

 

f:id:harumibashi:20200710103006j:plain

六万体町1番も谷町筋沿いにあります。街区内には吉祥寺(きっしょうじ)というお寺があります。

 

f:id:harumibashi:20200710103417j:plain

吉祥寺は赤穂藩と繋がりが深かったようで、赤穂義士墓所があるそうです。

 

f:id:harumibashi:20200710103320j:plain

谷町筋がまっすぐ伸びています。

1丁目1番地#124 中央区築地

用事が立て込んでいたため、およそ1か月ぶりの更新となります。元来文章を書くのは好きではありますが、ここ最近は特に機会が多かったのでさすがに大変でした。

さて感染者数がまた全国的に増加していて不安な今日この頃です。これから夏のお出かけシーズンではありますが、23区民としては近所の散歩程度に留めておいた方が良さそうですね。もっともこの暑さでは散歩も大変ですが・・・。

1丁目1番地に関してはまだまだストックがたくさんありますので、こうした機会に放出できればと思います。

=== 

築地市場築地本願寺などがあり、全国的にその名が知られる中央区築地。古くからの文化が息づいている歴史ある街ですが、一方で都心の一角として現代的なオフィスビルやマンションなども多く見られます。一丁目から七丁目まであるため、エリアによって雰囲気も異なります。

また色々あったものの結局移転した築地市場の跡地再開発も控えており、今後が注目される街です。

 

f:id:harumibashi:20200809235926j:plain

町域の北西端に位置する中央区築地一丁目1番には、中央区役所があります。区役所の住所もずばり「東京都中央区築地1-1-1」。東京の中心である中央区の、さらに中央にある1丁目1番地です。

 f:id:harumibashi:20200810000213j:plain

中央区役所の目の前には地下鉄有楽町線新富町駅の1番出口があります。新富町駅の住所も中央区役所と同じ「中央区築地1-1-1」となっています。

築地なのに新富町?と思われる方もいらっしゃると思いますが、新富町駅のすぐ近くに日比谷線築地駅もあります。昔から駅名が違うものの近い駅として知られていましたが、2018年には運賃が打ち切られない公式の乗り換え駅としても認められました。

この新富町駅を境に南側が中央区築地、北側が中央区新富の町域になっています。

 

f:id:harumibashi:20200810000755j:plain

また中央区役所の庁舎には中央区京橋図書館も併設されていて、図書館の入口は区役所の入口の反対側にあります。中央区には図書館が3館ありますが、特にこの京橋図書館は中心的な図書館のようです。

 

f:id:harumibashi:20200810001444j:plain

さらに中央区役所は中央区コミュニティバス「江戸バス」の起点にもなっています。区役所脇のバス停から日本橋方面の北循環と月島・勝どき方面の南循環が発着しており、さらにここで北循環と南循環を無料で乗り継ぐこともできます。写真左に写っている赤い小型のバスが「江戸バス」です。

 

f:id:harumibashi:20200810002811j:plain

区役所の入口の前にあった像。中央区の平和都市宣言を記念して制作された平和像「ニコラ」だそうです。

 

f:id:harumibashi:20200810002313j:plain

さらにこの築地一丁目1番を含む周辺一帯は土佐藩の築地邸があったそうで、坂本龍馬もこの地に寄宿していたそうです。

そして上の看板の地図にあるように、元々このあたりには築地川が流れていました。のちに築地川と楓川を結ぶ連絡運河も開削されましたが、戦後になると埋め立てが進められ、跡地は首都高都心環状線新富町出口に利用されています。

f:id:harumibashi:20200810162828j:plain

写真は近くにあった案内地図ですが、グレーで描かれている高速道路が元々川だったところです。この地図では右側が北になっていますが、築地川は東(地図下側)から三吉橋のところで直角に曲がって南(地図左側)へと流れていました。そして三吉橋から北(地図右側)に伸びていたのが楓川との連絡運河です。

ちょうど築地川と連絡運河の分岐点の上に架かる三吉橋も、Yのような形をした三叉の構造になっているのが特徴的です。この三吉橋は銀座・新富・築地の3町境にもなっています。

 

f:id:harumibashi:20200810003506j:plain

三吉橋越しに中央区役所を望みます。元々重厚感のある建物ですが、川跡の首都高に挟まれていて周囲に建物がなく、さらに角地にあるため、いっそう迫力があります。

また、この三吉橋は三島由紀夫の短編小説『橋づくし』でも描かれたそうです。築地をはじめ中央区は文学などの舞台となっていることも多いので、そういったところに思いを馳せながら散策するのもまた一興ですね。

1丁目1番地#123 鎌倉市御成町

鎌倉市御成町(おなりまち)は鎌倉駅の西側の地域です。明治から昭和初期にかけて鎌倉御用邸があったことに由来し、住居表示実施の際に生まれた鎌倉では新しい地名です。鎌倉市役所や鎌倉市中央図書館などがあり、現在の鎌倉の行政の中心となっています。

 

f:id:harumibashi:20200710094048j:plain

御成町1番には江ノ電鎌倉駅があります。駅舎のそれもこんな改札に近いところに街区表示板掲示されているのはあまり見かけませんが、シンボリックで良いですね。

  

f:id:harumibashi:20200710095009j:plain

鎌倉駅西口。左がJR横須賀線、右が江ノ電の駅舎です。商業施設が多く大きなバスターミナルもある東口側と比べると、西口側は落ち着いた雰囲気があります。

1丁目1番地#122 鎌倉市大町

(2018年訪問)

横浜・川崎・藤沢・小田原など、個性豊かな都市が多い神奈川県。中でも忘れてはならないのが、言わずと知れた古都鎌倉です。

鎌倉市大町も鎌倉幕府によって整備された大町大路が由来となっている、歴史ある地名です。当時大町大路沿いには町屋が多く立ち並び、小町大路と交差する大町四ツ角のあたりは鎌倉で最も賑やかな商業の中心だったと言われています。

現在は鎌倉駅の南東側にあたります。

 

f:id:harumibashi:20200707162533j:plain

 大町一丁目1番も大町大路沿い、大町四ッ角交差点と鎌倉駅の中間付近にあります。近くにはJR横須賀線の線路も通っているほか、滑川(なめりがわ)という川も流れています。

1丁目1番地#121 横須賀市秋谷

(2018年訪問)

芦名の北側にあるのが横須賀市秋谷(あきや)です。自然の美しい海岸線が残っている秋谷海岸は、別荘やリゾートマンションなどで人気となっています。特に海岸に突き出た巨岩は「秋谷の立石」として知られ、江戸時代に安藤広重が浮世絵にも描いた名勝です。

 

f:id:harumibashi:20200707160453j:plain

秋谷一丁目1番も国道134号沿いにあります。このあたりはまだ国道134号は内陸部を通っていますが、案内図右側に小さく写っているようにこの付近から海岸沿いを通ります。京急バスの浄楽寺停留所があり、逗子駅行きのバスが出ています。横須賀市内ではありますが、横須賀駅は大楠山を挟んだところにあり行きづらいためか、国道134号で繋がっている逗子や葉山との結びつきが強いようです。

 

f:id:harumibashi:20200707161155j:image

ちなみに名勝の「秋谷の立石」は国道134号を逗子方面に北上した先の秋谷三丁目にあります。立石の力強さと、奥の松の奥ゆかしさが良いコントラストになっていて、自然のパワーを感じます。

 

f:id:harumibashi:20200707161151j:image

立石公園から南の方を望みます。リゾート地や別荘地になるのが納得の美しさです。