1丁目1番地

全国の1丁目1番地を探して

1丁目1番地#146 中央区日本橋本石町

(昨年12月訪問)

西河岸橋が接する4つの1丁目1番地、最後は中央区日本橋本石町(ほんごくちょう)です。東京駅と神田駅の中間の東側付近に位置し、日本銀行の本店があることで有名です。

ちなみに日本橋本石町四丁目の一部はJRの線路の西側にもはみ出ていて、その場所は中央区で唯一の山手線内側の地域となっています。

 

f:id:harumibashi:20210214002819j:plain

日本橋本石町一丁目1番も、先の3つと同じく日本橋川に面した細長い街区です。オフィス街ですが表通りから一本入ったところにあり、訪問したのが日曜日ということもあってひっそりとしていました。

 

f:id:harumibashi:20210214002817j:plain

西河岸橋の上から日本橋川の西側を見たものです。左側が八重洲一丁目1番、右側が日本橋本石町一丁目1番です。

 

f:id:harumibashi:20210214002839j:plain

街区の西端も八重洲と同様に一石橋です。本石町と一石橋、関係がありそうですが軽く調べたところ由来は別々のようです。

かつてはここから8つの橋が見えたことから八ツ見橋などとも呼ばれたそうで、当時の様子は歌川広重の名所江戸百景にも描かれています。 

 

f:id:harumibashi:20210214002836j:plain

一石橋の歴史について記された碑がありました。首都高の地下化工事が完了すれば、一石橋の姿も見やすくなりますね。

 

f:id:harumibashi:20210214002843j:plain

日本橋川に並行する形で半蔵門線のホームがあるため、日本橋室町一丁目1番と同様に一石橋北詰のすぐ近くにも三越前駅の出入口があります。しかし前の記事と写真を見比べると分かりますが、こちらの出入口には銀座線の表記がありません。

三越前駅は銀座線と半蔵門線の改札が分かれていて、改札外乗り換えが必要な駅です。室町側の出入口から地下に入ると半蔵門線改札と銀座線改札の両方に通じているのですが、この本石町側の出入口には半蔵門線改札しかなく、銀座線改札まで通り抜けることができません。そのため看板でも半蔵門線しか案内されていないのだと思われます。地下の改札口にも銀座線は利用できない旨が掲示されています。

素直に案内に従っていれば何の問題もないですが、路線図に詳しい人だと逆に「三越前は銀座線も通っているから、看板に出ていなくても乗れるはずだ」と思ってしまうかもしれません。東京の地下鉄は難解ですが、地上の道路や建造物などと合わせて構造を見てみるといろいろ面白いですし、実生活でも役に立ちます。

 

f:id:harumibashi:20210214002838j:plain

一丁目1番では街区表示板が発見できなかったので、2番のものを。町名が長くぎっちりしているのが印象的です。長い町名の場合は港区台東区のように漢字の横にローマ字を配置するほうがすっきりしそうです。

 

f:id:harumibashi:20210214002845j:plain

おまけ。12月末に訪問したため、街区内にあるハンバーガー屋さんの店先では牛さんがサンタ帽を被っていました。かわいいですね。

1丁目1番地#145 中央区日本橋室町

日本橋の北側にあるのが日本橋室町です。日本橋三越コレド室町、また国の重要文化財半沢直樹のロケ地にもなった三井本館などがあり、賑やかながら厳かな風格も感じられます。

余談ですが、私が小学生の頃に初めて室町幕府という言葉を知ったとき、この日本橋室町にあった幕府なのかと勘違いしてしまいました。日本橋室町という町名の由来は諸説あるようですが、京都の室町にならったという説もあるようなので、全く関係ないわけではないのかもしれません。

 

f:id:harumibashi:20210213202846j:plain

日本橋室町一丁目1番は町域の南端、日本橋のすぐ北側にあります。日本橋日本橋一丁目1番と日本橋室町一丁目1番という2つの1丁目1番地に挟まれているわけです。

というのも地図を見る限り中央区では日本橋川が付番の起点になっているようで、日本橋川以南の地域では町域の北端に、日本橋川以北の地域では町域の南端に1丁目1番地があります。

 

f:id:harumibashi:20210213202856j:plain

すぐ近くに地下鉄三越前駅の出入口があります。三越前駅は銀座線と半蔵門線のホームが大きく離れているのですが、この出入口から近いのは半蔵門線です。橋の南側にはすぐ日本橋駅の出入口もあるので、ここから銀座線に乗る場合はどちらの駅を使っても距離はあまり変わらなさそうです。

 

f:id:harumibashi:20210213204913j:plain

街区の西端は西河岸橋です。八重洲一丁目1番で紹介したように、よくタクシーが停まっています。先に紹介した八重洲日本橋と次に紹介する日本橋本石町を合わせて、4つの町の1丁目1番地の境になっている記念すべき(?)スポットです。

 

f:id:harumibashi:20210213205021j:plain

西河岸橋の上から見た日本橋。写真右側が日本橋一丁目1番、左側が日本橋室町一丁目1番です。

1丁目1番地#144 中央区日本橋

(昨年12月訪問)

かつての五街道の起点、そして今も主要国道の起点であり日本国道路元標も置かれている日本橋。江戸の商業の中心であり、現在も三越高島屋、そして再開発によって誕生したコレドなど多くの商業施設があります。

現在の町名としては、日本橋駅や高島屋がある橋の南側が中央区日本橋三越前駅や三井本館などがある北側が日本橋室町などとなっています。また日本橋駅周辺以外にも、旧日本橋区の地域では日本橋茅場町日本橋人形町などほとんどの町が「日本橋」を冠しています。

 

f:id:harumibashi:20210130212548j:plain

日本橋一丁目1番は八重洲一丁目1番のすぐ東側、日本橋川沿いの西河岸橋と日本橋に挟まれた街区です。八重洲1-1から銀杏並木が続いています。

 

f:id:harumibashi:20210210170428j:plain

日本橋1-1-1には総合食品商社の国分グループ本社のビルがあります。シャッターにも日本橋らしさが。

 

f:id:harumibashi:20210210171233j:plain

街区の東側に日本橋があります。賛否両論ある今の風景も、首都高の地下化によってもうすぐ見納め・・・と言っても完成は2040年頃だそうなので、まだまだたっぷり観察できます。奥に見えるのは日本橋三越新館です。

 

f:id:harumibashi:20210210171253j:plain

12月末の訪問ということで、箱根駅伝に関するお知らせが掲示されていました。この頭上の大きな「日本橋」の看板が見られなくなるのは寂しい気もします。

 

f:id:harumibashi:20210210171259j:plain

橋の脇には日本橋の由来について記された碑がありました。 

 

f:id:harumibashi:20210210171529j:plain

日本橋の上から、日本橋川沿いの日本橋一丁目1番を眺めます。国分ビルの1階にはその名も「ニホンバシ イチノイチノイチ」というレストランがあり、写真のように日本橋川沿いのテラス席もあります。 1丁目1番地巡りをしている者として是非一度行ってみたいお店です。

ちなみに奥の橋が西河岸橋です。

 

f:id:harumibashi:20210210171255j:plain

日本橋一丁目1番から中央通りを挟んだ反対側は、一帯が白い囲いで封鎖されていました。というのもこのあたりでも再開発が計画されており、今後既存の建物の解体が行われるためです。再開発では複数の街区を統合して大規模な超高層ビルを建設するため、街区を分けていた細い道路も写真のように封鎖されています。

写真右側は日本橋西川ビル、左側は日本橋御幸ビルで、どちらも特徴的な建物なので、無くなるとこのあたりの雰囲気も大きく変わりそうです。慣れ親しんだ街の風景が変わるのは寂しいですが、一方で新たにどんな街づくりが行われていくのか楽しみでもあります。首都高地下化や次々行われる再開発など、目まぐるしく変わり続ける日本橋から目が離せません。

1丁目1番地#143 中央区八重洲

(昨年12月訪問)

東京駅で丸の内口と対になっている八重洲口。超高層ビルが整然と立ち並ぶ丸の内に対して、八重洲オフィスビルの狭間に居酒屋やカラオケ店なども密集していて少し雑多な雰囲気もあるのが特徴です。しかし最近ではあちこちで再開発が進められており、雰囲気も変わりつつあります。また東京駅西側の「大丸有」に対抗してか、東京駅東側でも八重洲と隣接する日本橋・京橋を合わせて「日八京」と呼ぶ動きが一部で見られます。

またオランダ人の貿易家ヤン・ヨーステンが地名の由来になっていることも有名ですね。

 

f:id:harumibashi:20210107020748j:plain

八重洲一丁目1番は町域最北端の日本橋川沿いにあります。住所こそ八重洲ではありますがここは東京駅なら八重洲口より日本橋口の方が近く、さらには地下鉄の日本橋駅や三越前駅の方がより近くにあります。

このあたりは中高層のオフィスビルが立ち並んでいて、居酒屋などの店は少なく落ち着いた雰囲気があります。

 

f:id:harumibashi:20210107020935j:plain

外堀通りの反対側からの全景。日本橋川と道路に挟まれた細長い街区であることが分かります。

 

f:id:harumibashi:20210107020912j:plain

街区の端には日本橋川の真上に架かる首都高都心環状線の呉服橋出口があります。つい最近、隣の江戸橋出入口とともに今年5月9日限りで廃止されることが報道されました。

 

f:id:harumibashi:20210107020908j:plain

そしてそのすぐ傍にあるのが呉服橋・・・ではなく一石橋です。

この近くにある交差点やバス停の名前にも使われている「呉服橋」ですが、現在の日本橋川ではなくかつての江戸城の外濠に架かっていた橋なのだそうです。

 

f:id:harumibashi:20210107020719j:plain

街区の東側には西河岸橋という橋があり、その脇に小さい公園があります。公園内に公衆トイレがあり、休憩のためか橋にはタクシーが数台止まっていました。しばらく見ていても入れ替わり立ち替わりタクシーがやってきます。

 

f:id:harumibashi:20210107020554j:plain

東側から街区を望みます。一番奥に見えるガラス張りのビルはお隣・千代田区大手町の再開発計画「常盤橋プロジェクト」によって今年6月に竣工予定の常盤橋タワーです。

あちこちで再開発が進んでいる東京駅東側。まさにこのあたりでも再開発が計画されており、一丁目1番は八重洲一丁目北地区再開発の北街区として新たな建物が建設される予定になっています。この景色が見られるのも今のうちです。

1丁目1番地#142 千代田区有楽町

(昨年12月訪問)

東京駅の一つお隣、有楽町。大手町・丸の内と合わせて「大丸有」と呼ばれることもあり、3地区を周遊する丸の内シャトルという無料巡回バスもあります。なお地下鉄日比谷駅も住所は有楽町で、「千代田区日比谷」といった住所はありません。(「日比谷公園」は町名になっています)

オフィス街としての印象が強い大手町や丸の内と比べて、銀座から連なる商業地としてのイメージもある有楽町。また周辺には日生劇場東宝劇場など多くの劇場や映画館がある劇場街でもあります。さらには高架下などには大衆的な居酒屋などもあって、多彩な顔を持つ町です。

 

有楽町一丁目1番は町域の南西端にあります。街区内には日本生命日比谷ビル(一丁目1番1号)、東京ミッドタウン日比谷(2号)、東京宝塚ビル(3号)があります。f:id:harumibashi:20210111213908j:plain

丸の内から丸の内シャトルに乗って日比谷の停留所で降り、晴海通りを渡ってしばらく進むと見えてくるのが東京ミッドタウン日比谷です。再開発によって2018年に開業したばかりの複合施設で、低層階は商業施設、高層階はオフィスになっています。曲線的なデザインがかっこいいですね。

 

f:id:harumibashi:20210111213915j:plain

東京ミッドタウン日比谷の地図。名門ホテルや劇場に囲まれた立地です。地下鉄日比谷駅とも地下で直結しています。

 

f:id:harumibashi:20210111213932j:plain

街区の西側から。再開発前は日比谷三井ビルと三信ビルという2つのビルがあり、特に後者はレトロな外観で名建築として知られていたそうです。この再開発によって街区の統合が行われ、有楽町一丁目4番が消滅しています。ちなみに奥に見える高いビルは、JRの高架を挟んだ反対側にあるヒューリックスクエア東京です。

 

f:id:harumibashi:20210111213924j:plain

 日比谷通り沿いから。奥が日比谷交差点、左側は日比谷公園です。

 

f:id:harumibashi:20210111213931j:plain

日比谷駅A13番出口の前にあるのが日本生命日比谷ビルです。村野藤吾が設計したもので、上品な佇まいがこのあたりの雰囲気に調和していますね。

 

f:id:harumibashi:20210111214113j:plain

日本生命日比谷ビルにあるのが日生劇場です。小学生のとき学校行事で劇を見に来たことがあったのを、この入り口の独特な雰囲気を見て思い出しました。なお12月末に訪問したので立派な門松があります。

 

f:id:harumibashi:20210111214139j:plain

日生劇場の隣には東京宝塚劇場があります。

 

f:id:harumibashi:20210111214148j:plain

 東京宝塚劇場がある東京宝塚ビルと日比谷シャンテ(有楽町一丁目2番)の間も石畳風のおしゃれな歩行空間となっています。

以上、大丸有3地域の1丁目1番地でした。近接する同じ東京都心のオフィス街でありながら、それぞれに違う個性があったように思います。個人的に東京の中でも特に好きなエリアなので、今後のさらなる発展や街づくりが楽しみです。

1丁目1番地#141 千代田区丸の内

(2020年12月訪問)

もはや説明不要な東京の中心、千代田区丸の内。「丸の内」というと東京駅の丸の内赤レンガ駅舎とその前に整然と立ち並ぶビル群のイメージですが、住所としての「丸の内」の町域は意外と広く、東端はJRの線路を越えて八重洲口前を通る外堀通りまで、南端は有楽町線有楽町駅の直上の道路までとなっています。八重洲口にある大丸東京店やグランルーフも住所は千代田区丸の内、八重洲口にある交番も丸の内警察署の管轄です。

丸の内一丁目1番は町域の北西端、大手町一丁目1番のすぐ南側にあり、パレスビルパレスホテル東京(丸の内一丁目1番1号)、三井住友銀行本店ビルディング(2号)、日本生命丸の内ガーデンタワー(3号)という3つの超高層ビルがあります。

 

なお複数の日に撮影しているため写真によって空模様が違います。

f:id:harumibashi:20210108001758j:plain

まず大手門交差点から内堀通りを南側に進みます。パレスホテル東京の前にはタクシーが待機しています。

遠くには霞が関の官庁街が見えます。2つ見えるアンテナは警視庁と警察庁のものです。

 

f:id:harumibashi:20210108002351j:plain

内堀通りは丸の内一丁目1番の西側でカーブしています。夕刻の丸の内を皇居ランナーたちが駆けていきます。

 

f:id:harumibashi:20210108005524j:plain

南隣の和田倉噴水公園(住所は千代田区皇居外苑)から見たパレスホテル東京(丸の内1-1-1)と日本生命丸の内ガーデンタワー(1-1-3)。

丸の内や大手町は昔からよく来ているのですが、この噴水公園は初めて来たかもしれません。

 

f:id:harumibashi:20210108004140j:plain

続いて大手門交差点から東側に進んでいきます。永代通り上には「はとバス」ののりばがありました。

 

f:id:harumibashi:20210108004337j:plain

三井住友銀行本店ビルの入り口付近、看板がなんだかオシャレですね。丸の内といえば三菱村、逆に三井といえば日本橋というイメージですが、このビルは三井不動産が丸の内に3棟だけ所有するうちの1つだとか。

12月末に撮影したため入り口前には立派な門松がありました。

 

f:id:harumibashi:20210108000853j:plain

付近にあった地図。永代通りを境に大手町と丸の内の1丁目1番地が隣接していることが分かります。

 

f:id:harumibashi:20210107235800j:plain

こちらは日比谷通り側から見たパレスホテルと日本生命丸の内ガーデンタワーです。この日比谷通りの直下には都営三田線大手町駅があります。大手町駅を通る他のメトロ4路線は全て住所が千代田区大手町なのですが、都営三田線だけは住所が千代田区丸の内になっています。

なお、左下に写っている和田倉門外交番は、警視庁のホームページでは住所は「千代田区丸の内1-1-4」となっているのですが・・・

 

f:id:harumibashi:20210108000529j:plain

交番の建物の端にある街区表示板は「千代田区皇居外苑3」のものになっています。実際この交番は丸の内1-1と皇居外苑3の境界付近にあるので、多分ここが皇居外苑3番の入り口であることを表しているのだと思われます。

 

丸の内や大手町ではビルの名前でオフィスやお店の位置を把握することが多く、住所を意識する機会はあまりありませんが、たまにはこうして丁目や番地を意識して歩いてみるとまた違った見方ができるかもしれません。

1丁目1番地#140 千代田区大手町

新年明けましておめでとうございます。昨年はおでかけ好きには苦しい1年でしたが、今年は安心して散策ができる1年になってほしいものです。

と書いていましたが、緊急事態宣言の発令決定や都内の1日の感染者数の1500人突破など、新年早々先行きが不安になるようなニュースを多く目にするこの頃です。引き続き遠出は控えて、以前訪問した地域を振り返っていきたいと思います。

===

新年1回目は、東京、そして日本の経済の中心である千代田区大手町です。経団連日本経済新聞・読売新聞・産経新聞など新聞社、そして様々な大手企業の本社が集積しています。また大手町駅東京メトロ4路線と都営地下鉄1路線が乗り入れ、地下鉄のターミナルになっています。

 

大手町一丁目1番は町域の南西端、内堀通り永代通り・日比谷通りに囲まれた街区です。街区内には大手町パークビルディング(一丁目1番1号)、大手門タワー・ENEOSビル(2号)、大手センタービル(3号)と3つの超高層ビルがあり、皇居外苑濠に隣接することから「大手町ホトリア」という愛称がついています。

f:id:harumibashi:20210106170123j:plain

3つのビルのうち2015年竣工の大手門タワーと2017年竣工の大手町パークビルディングは一体的に開発されており、地下に「よいまち」という飲食店街があります。

大手町駅のコンコースとも直結しており、入り口には大手町ホトリアのロゴマークも掲げられています。

 

f:id:harumibashi:20210106191959j:plain

 街区の北側にはホトリア広場という小さな広場がありました。

 

f:id:harumibashi:20210106192225j:plain

左が大手町パークビルディング(大手町1-1-1)、右が大手門タワー・ENEOSビル(大手町1-1-2)です。超広角レンズでないとビルの全景が収まりません。

 

f:id:harumibashi:20210106192710j:plain

広場の中には水が流れており、そこで発芽実験が行われていました。

 

f:id:harumibashi:20210106192939j:plain

緑豊かな皇居のすぐ近くということもあって、環境との共生のための様々な取り組みが行われています。この広場においても皇居周辺の生物を呼び込み、生物の住みかになるような設計がなされているそうです。また大手門タワーの地下には皇居のお濠の水質を改善するための浄化施設もあるとか。

 

f:id:harumibashi:20210106194257j:plain

大手町パークビルディングと大手門タワーのはざま。大都会でもこうした癒される空間があるのは良いですね。

「コンクリートジャングル」などとも揶揄される都心のビル街ですが、最近の再開発では環境に配慮した街づくりが行われるようになっており、大手町でもこのホトリア広場のほかに「大手町の森」といったスポットもあります。

 

f:id:harumibashi:20210106195704j:plain

ホトリア広場の南側。一丁目1番にある3つのビルのうち最近竣工した2棟を「ホトリア」として扱っている記事もありますが、公式サイトや現地の地図では1981年竣工の大手センタービルも含め3棟合わせて「ホトリア街区」としています。

 

内堀通りをさらに南へ進んでいくと、大手門交差点があります。

f:id:harumibashi:20210106200418j:plain

大手門交差点は永代通りの起点になっていて、永代通りを境に北側(写真左側)が千代田区大手町一丁目1番、南側(写真右側)が丸の内一丁目1番です。大手町と丸の内という東京を代表する2つの町の1丁目1番地が隣り合う地点となっています。

 

f:id:harumibashi:20210106200810j:plain

大手門交差点の目の前にあるのが、「大手町」という町名の由来にもなった旧江戸城の大手門です。なお皇居のお濠にいる白鳥ですが、野生というわけではなく飼育されているそうです。白鳥の優雅さがこのあたりの雰囲気に合いますね。

 

f:id:harumibashi:20210106201639j:plain

大手門の前から大手町方面を望みます。写真の一番右側にあるのが大手門タワー・ENEOSビル、写真左側は皇居の大手濠です。ビルからの眺めもさぞ開放感があることでしょう。

 

f:id:harumibashi:20210106202116j:plain

大手門交差点から永代通りを東に進んでいきます。

 

f:id:harumibashi:20210106202618j:plain

大手センタービル(大手町1-1-3)は永代通りと日比谷通りが交わる大手町交差点の角にあります。1981年竣工とは思えないほど綺麗で、周囲の新しいビルにも見劣りしないデザインだと思います。この日比谷通りはつい先日行われた箱根駅伝のルートでもありますね。

 

f:id:harumibashi:20210106164501j:plain

おまけの街区表示版。最近の超高層ビルには街区表示板が貼られないことが多いため、再開発が進む大手町や丸の内では古いビルや高架下などわずかなところにしか残っていません。写真の街区表示板も1971年に竣工した朝日生命大手町ビルに貼られているものです。このビルも再開発によって近々取り壊され、跡地にはあべのハルカスを抜いて日本一高いビルとなるトーチタワーが建設される予定です。