1丁目1番地

全国の1丁目1番地を探して

東京都

1丁目1番地#124 中央区築地

用事が立て込んでいたため、およそ1か月ぶりの更新となります。元来文章を書くのは好きではありますが、ここ最近は特に機会が多かったのでさすがに大変でした。 さて感染者数がまた全国的に増加していて不安な今日この頃です。これから夏のお出かけシーズン…

1丁目1番地#119 大田区令和島

海の森一丁目1番を訪問したあとは、中防大橋を渡って外側埋立地へと向かいます。 内側埋立地と外側埋立地を結ぶ中防大橋。 中防大橋上の様子。奥に写っているのは6月20日に開通した海の森大橋です。 中坊大橋を渡った先に交差点があります。ここで交差する道…

1丁目1番地#118 江東区海の森

江東区の帰属となった中央防波堤の内側埋立地、そこに新たに付けられた町名が江東区海の森です。帰属が確定する前から海の森公園や海の森水上競技場といった施設があり、地名案公募でも最多であったためそのまま町名として採用され、2020(令和2)年6月25日に…

1丁目1番地#117 江東区青海

東京湾に浮かぶ人工島、中央防波堤埋立地。ごみの最終処分場として、隣接する新海面処分場とともに現在も埋め立てが進められています。ごみ処理施設やコンテナターミナルなど一般人と関わりの少ない施設が多く、橋やトンネルも歩行者の通行ができないため都…

1丁目1番地#114 江戸川区東葛西

(2017年訪問) 江戸川区東葛西は一丁目から九丁目まであり、江戸川区内で最も人口が多い地域です。葛西駅前の地下鉄博物館や、23区唯一の自然島である旧江戸川中洲の妙見島もこの東葛西の町域にあります。 東葛西一丁目1番は環七通り沿いにあります。葛西駅か…

1丁目1番地#113 江戸川区中葛西

(2017年訪問) 葛西も町名で東西南北が揃っている地域の一つですが、それに加えて中葛西があり、東西線の葛西駅もこの中葛西の町域内にあります。一方で行政地名としては消滅した旧町名も、一部はバス停名や交差点名として残っています。 中葛西一丁目1番は葛…

1丁目1番地#112 江戸川区西葛西

(2017年訪問) 都心部から東京メトロ東西線に乗って西船橋方面に行くと、途中から地下から出て高架区間に入りますが、その最初の駅が西葛西です。大手町や日本橋など都心へのアクセスが良く、また江戸川区の充実した子育て支援政策などもあって人口が増加して…

1丁目1番地#111 千代田区一ツ橋

千代田区一ツ橋は皇居北側、東京都心のど真ん中にある地域で、駅で言うと東西線竹橋駅から各線神保町駅にかけての範囲にあたります。本の街として知られる神田神保町に隣接し、小学館とそのグループ企業、岩波書店、毎日新聞社など出版・新聞関係の本社が集…

1丁目1番地#110 西東京市新町

(2017年訪問) 西東京市新町は、西武新宿線田無駅とJR中央線武蔵境駅の中間あたりに位置する地域です。西東京市と言えば保谷市と田無市が合併して成立した市ですが、この新町は旧保谷市に属していながらも保谷駅より田無駅の方が近くにあります。というのも、…

1丁目1番地#101 新宿区北新宿

新宿周辺の方角地名もなかなか面白いものです。まず駅名としては丸ノ内線の西新宿駅、大江戸線・副都心線の東新宿駅、小田急線の南新宿駅があり、北新宿駅だけありません。一方町名では西新宿と北新宿があり、東新宿と南新宿は存在しません。東新宿駅の住所…

1丁目1番地#100 新宿区百人町

記念すべき#100ということで、新宿区「百」人町です。この珍しい町名は、江戸の警護を行う鉄砲組百人隊が住んでいたことに由来すると言われています。多摩地域には稲城市百村や京王線百草園駅などがありますが、23区で「百」がつく地名はここ百人町が唯一か…

1丁目1番地#99 千代田区九段南

(2020年3月訪問) 靖国通りの南側にあるのが千代田区九段南です。インド大使館や現在建て替え中の九段会館などがあり、九段北と同様に東は九段下駅から西は市ケ谷駅付近まで東西に長い町域を持ちます。 九段南一丁目1番は九段下駅と東西線竹橋駅の中間付近で…

1丁目1番地#98 千代田区九段北

(2020年3月訪問) 日本武道館や靖国神社などの最寄り駅として九段下駅の名前はよく知られていますが、町名としては靖国通りを境に千代田区九段北と九段南に分かれています。 千代田区九段北一丁目1番は町域の南東端、靖国通りと日本橋川に面した街区です。九…

1丁目1番地#97 町田市小山ヶ丘

(2018年訪問) 一旦23区を離れて多摩へ、町田市小山ヶ丘は京王相模原線多摩境駅の東西に広がる地域で、一丁目から六丁目までがあります。東の端から西の端まではおよそ4.7kmと、JR横浜線の相模原駅 - 橋本駅 - 相原駅という2駅分の距離に相当するほど細長い地…

1丁目1番地#96 大田区東六郷

第一京浜沿いの都内区間で最後になるのが大田区東六郷です。六郷といえば京急線に六郷土手駅がありますが、戦前の大東京市35区が成立する前は六郷町という町があり、現在の六郷土手駅周辺よりもっと広く蒲田の南側の一帯が含まれていたようです。 ここまでは…

1丁目1番地#95 大田区南蒲田

(2018年訪問) 東蒲田からさらに南下すると大田区南蒲田に入ります。南蒲田は京急蒲田駅から京急空港線の糀谷駅あたりの町名になっています。蒲田もまた方角のつく町名が多いですが、大森と違って方角が地名の前に付いているほか、東西南だけがあって北蒲田は…

1丁目1番地#94 大田区東蒲田

(2018年訪問) 大田区東蒲田は第一京浜の東側、京急線梅屋敷駅から京急蒲田駅にかけてのあたりです。京急線と第一京浜は品川からこの先六郷土手まで都内はぴったり並行していて、この第一京浜の東側では、(大森海岸駅)-大森本町-(平和島駅)-大森東-(大森町駅)…

1丁目1番地#93 大田区大森中

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 「大森」がつく町名は東西南北だけでなく、大森本町、そして「大森中」もあります。 大田区大森中は京急線大森町駅から梅屋敷駅あたりにかけての第一京浜の東側の地域です。町域の範囲を地図で見ると、第一…

1丁目1番地#92 大田区大森東

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 大森本町の南にあるのが大田区大森東です。大森も品川と同様に東西南北が揃っていますが、「大森東」「大森北」のように後ろにつくのが特徴的です。23区内でも練馬区中村北や杉並区阿佐谷南などはあります…

1丁目1番地#91 大田区大森本町

自粛期間はこれまで訪問したところを整理する良い期間だと思っていましたが、蓋を開けてみると慣れない対応が増え、かえって忙しくなってしまいました。まだまだ警戒はしなければなりませんが、緊急事態宣言も解除され、街歩きも徐々に再開できそうで良かっ…

1丁目1番地#90 品川区南大井

(※以下の記事は2020年3月中旬の3連休以前・小池百合子都知事による外出自粛要請発表以前に訪問したときのものです) 品川区南大井は京急線立会川駅南側から大森海岸駅北側にかけての地域で、 かつては鈴ヶ森刑場があった地でもあります。大森貝塚やしながわ水…

1丁目1番地#89 品川区東大井

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 「方角+品川」という町名は東西南北が揃っていますが、大井町で有名な大井地区も無冠称の「大井」に加えて「東大井」「西大井」「南大井」があり北以外が揃っています。 品川区東大井は大井町駅のすぐ東側…

1丁目1番地#88 品川区南品川

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 品川区には「品川区品川」という住所こそないもの「北品川」「南品川」「東品川」「西品川」が存在し、東西南北揃っているのが珍しいのではないでしょうか。個人的には方角地名も嫌いではないのですが、そ…

1丁目1番地#87 品川区北品川

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 「北品川駅は品川駅の南にある」という定番の雑学ネタでも有名な北品川。京急線北品川駅周辺は旧品川宿北側にあたり、当時の面影を残した風情ある商店街が旧東海道沿いに見られます。一方山手線内側のエリ…

1丁目1番地#86 練馬区中村

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 練馬区中村は西武池袋線と西武新宿線のちょうど中間あたりに位置し、中村北と中村南に挟まれています。 中村一丁目1番は練馬駅寄りにあり、ちょうど中村北一丁目1番付近で千川上水から分岐した中新井川分水…

1丁目1番地#85 練馬区中村北

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 練馬区中村北は西武池袋線練馬駅から中村橋駅にかけての南側の地域です。 中村北一丁目1番は町域の東端にあたり、練馬駅の近くにあります。目白通りと千川通りが交わる豊玉北六丁目交差点角にありますが、…

1丁目1番地#84 墨田区吾妻橋

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 吾妻橋といえば台東区浅草の象徴の一つとも言える隅田川に架かる赤色の橋ですが、住所としての吾妻橋はその対岸である墨田区側の町名となっています。墨田区役所やアサヒビールの本社があり、「浅草の写真…

1丁目1番地#83 墨田区亀沢

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 墨田区亀沢は石原の南側にある地域です。南端にJR総武線、西端に都営大江戸線が通っていて、町域内に都営大江戸線両国駅の出入口も設置されています。ちなみに両国駅はJR総武線も通っていますが都営地下鉄…

1丁目1番地#82 墨田区石原

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 太平から大横川を挟んで西側にあるのが墨田区石原です。行政的に正式な読みは「いしわら」で町内を通るバスのアナウンスなどもこれに従っていますが、地元では「いしはら」とも呼ばれるそうです。文京区の…

1丁目1番地#81 墨田区太平

(※以下の記事は2018年頃に訪問したときのものです) 墨田区太平は錦糸町の北側にある地域で、本所地域ということで下町的な風情ある街並みが広がっている一方、錦糸町駅や錦糸公園にも近く便利な町です。オフィス・モール・マンションの複合施設であるオリナ…